HOME » Gallery Top » 2010/12

2010年12月の表紙画像

  • 日産リーフ 2010年12月  » Click to zoom ->

    日産リーフ 2010年12月


    日産自動車株式会社:グローバルデザイン本部
    排出ガスゼロの「日産リーフ」は、世界初の量販型電気自動 車である。
    「日産リーフ」は、そのデザインコンセプトを「スマート・フルディティ(賢い流動体)」とし、クリーンなイメージと、知性を感じるデザインに、最高の空力と風音性能を実現するボディ、革新的で独創的な5人乗り5ドアハッチバックのパッケージングを実現した。コンパクトなリチウムイオンバッテリーをフロア下に配置することにより、後部席のレッグルームとヘッドルームにも余裕が生まれ、快適なスペースを実現しながら、大型スポイラー等による高い空力性能を確保している。
    ○受賞歴など
    -日本 2010年度グッドデザイン賞 金賞受賞
    -中国「モータートレンド」誌主催:「グリーン・カー・オブ・ザ・イヤー」受賞
    -英国『What Car?』誌 編集部特別賞受賞
  • 「トヨタ プリウス」NHW20(二代)2003年  » Click to zoom ->

    「トヨタ プリウス」NHW20(二代)2003年


    トヨタ自動車 デザイン本部+テクノアートリサーチ
    日本インダストリアルデザイナー協会 デザインミュージアム委員会蔵(5分の1 スケールの模型)、JIDA デザインミュージアム セレクション Vol.6 選定商品
  • エルフ 2006年12月  » Click to zoom ->

    エルフ 2006年12月


    いすゞ自動車株式会社 デザインセンター
    新型エルフは、商用車の最も重要且つ基本的な性能であり、いすゞ開発フィロソフィーであるSEE(安全、環境、経済性)の各性能を世界水準で纏め上げ、次世代商用車として世界で戦える商品とする事を狙いとしました。空力性能を追求した新型キャブは、視界視認性や乗降性といったドライバー 本位の安全思想を折り込み、衝突安全性を高める為の高剛性化を図っています。
    また運転疲労を軽減する為に居住性、運転操作性に配慮したインテリアを採用しました。
    ○受賞歴など:2006年度グッドデザイン賞
JIDAギャラリー

ギャラリー